行政引取不可物品の紹介

一般系廃棄物と事業系廃棄物

廃棄物イコール、ゴミ、という事で良いでしょうか。
正解ですが、それだと足りませんので、もう少し詳しく解説しましょう。
廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。
「廃棄物処理法」に定められた産業廃棄物は、鉄くずや木屑、廃油など20種類がこれにあたります。
一般廃棄物は事業系・家庭系・特別管理の三種類に分類されます。
家庭系は文字通り家から出たゴミで、原則市町村が回収します。
事業系は工場など会社から出たゴミで、原則はゴミを出した事業者が回収します。
特別管理廃棄物は、環境や人に危険や悪影響を及ぼす可能性のある産業廃棄物と一般廃棄物のことです。
廃油を先に例で挙げましたが、揮発油は廃油ですが危険性が高いので、特別管理廃棄物として処理されます。

法律関連の補足

さて、ここからは、廃棄物を回収する場合、業者はどのような許可を得なければいけないのでしょうか。
産業廃棄物は「産業廃棄物収集運搬業許可」という専門の許可が必要です。
特別管理廃棄物(産業系、一般系共に)は「特別管理産業廃棄物収集運搬業許可」が必要となります。
そして今回の対象となる事業系一般廃棄物と家庭系一般廃棄物は「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要となる、というわけです。
「じゃあ、さっそく役所にその一般廃棄物収集運搬業許可をとりにいこう」というわけには簡単にはいきません。
実は、この許可は「市町村長が必要だと認めるとき」「行政が運搬困難だと認めるとき」でなければ降りないのです。
つまり、新規参入が非常に難しいと言えます。