引取不可である不用品のその後の対応

引取不可の不用品を処理する方法

まず、パソコンや家電に関しては「電気店に持っていく」ということを忘れないようにしましょう。
電気店では持ってきてくれた人には各種サービスもしていたりします。
それ以外の不用品については、不用品回収業者に回収を依頼しましょう。
ほとんどどんなものでも持って行ってくれますし、家具や家電の状態によっては、買取もしてくれますが、業者を利用する場合、不用品回収の場合は「一般廃棄物収集業許可」を有しているか、且つ買取をしてもらう場合は「古物商」の許可を回収業者が有しているか、を確認しておきましょう。
なお、家電リサイクルは引取にお金が掛かってしまいますが、行政による引取より、小売店での引取の方が、若干安く引き取ってくれます。

処理以外の方法を考えてみる

最後に、処分以外の方法を考えていくことにしましょう。
不用品でまず思いつく方法としては、フリーマーケットや知人などに譲ると言う方法でしょう。
最近は毎週のように各地でフリーマーケットを実施しているので、もって行けるものはそこに持って行って、誰かに渡すような形が理想でしょう。
また、フリーマーケットは現在、インターネット上でも可能ですし、さらに今は「ジモティ―」などの近隣地域で不用品を譲り合う為の声掛けサイトなどもありますので、それらをどんどん活用していくことが、不用品をゴミとして処分するのではなく、今後も利用してもらうのが、いちばんよい活用方法ですね。
最後に、とても重要な話ですが、許可なく不用品を不法投棄したり、許可を得ないまま不用品回収業を営んでいると、場合によっては懲役刑となるほどに、重大な犯罪となるので、決して行わないようにしましょう!